2014年1月18日 (土)

日本の金融会社が掌握した韓国の貸付市場

日本が貸付上限金利を現行の29.2%から20%以下に低下したことにより、日本金融会社の襲撃がさらに強まるものと予想される。

よく知られているように、日本の金融会社は、ヤクザの資金との密接な連携の中で動く。

これにより、独島問題強硬対応よりもっと強硬なヤクザの資金対応策を政府が出さなければならないという声が高い。

その対応策は、非常に困難な課題ではない。

韓国の貸付の金利を大幅に下げ、金融会社を強力に取り締まるとなる。

韓国の貸付け金の市場は、現在の日系人アフロFCグループと三和マネーが二分している。

これらの企業を含む日系企業は24個もされ、我が国の市場シェアは41%にのぼる。

日系企業が事実上韓国の貸付け金の市場を掌握しているわけだ。

その上、日本の3大金融会社の一つであるアイフルが韓国進出を模索することで知られている。

日本のこのフルはアンジンデロイト会計事務所を通じて既に国内市場実写まで終えたと報道されている。

日本の貸付上限金利が低くなると、その結果、日本の金融会社の韓国進出はさらに強まるだろう。

ヤクザの資金が怒涛のように入ってくると、ただでさえ深刻な庶民の生活はさらに疲弊になるに違いない。

肉をはがしながら(長期をはずして腕を強制して)魂まで腕を必要とする高利貸したちによる庶民の破産、離婚、家庭破綻、自殺などは、さらに増えていくだろう。

社会が呼吸する隙間は、高利貸しが完全に防いでしまうものであり、窒息した庶民の苦痛に満ちたうめき声は、さらに高く行く。

すでに私たちの社会は、高利貸しで足元から崩れていく様子を見せていないか。

2014年1月16日 (木)

ネットワーク上の仮想通貨と現実の世界の金融

SBIホールディングスは、6月6日、合弁会社を設立し、金融分野のバーチャル金融の構築を目的とするプロジェクトを発表した。

ネットワーク上の仮想通貨と現実の世界の金融インフラストラクチャの統合を考えているという。

(発表内容)

発表内容によると、プロジェクト名はCyberMEGACITY-東京0区であり、SBIグループ各社は、金融プラットフォームを提供することで様々な金融インフラの役割を構築し、ロンドンのTheCITY、ニューヨークのWallStreetに匹敵する仮想金融街創造を目指すとする。

これらの目標は、東京0区とするバーチャルワールドを構築し、現実の世界と関連付けられて住所や銀行口座などを提供し、現実の金融インフラを活用した不動産取引や外国為替取引の場所など、本格的な金融関連の環境を構築するである。

バーチャルワールドを構築して成功したセカンドライフも、ゲーム内の仮想通貨リンデンドルを現実の米ドルと両替することができる外国為替取引市場が確立されており、この市場の存在がセカンドライフを支える一つの要素となってています。

ゲームでのRMTは違法な部分として扱いされ、限られた市場(国内約1兆円の市場とする。

)だけが形成されているが、世界で区切られているバーチャルワールドセカンドライフはサービス社から正式に仮想通貨を現実の通貨に両替することができるように支援している。

また、企業のマーケティングツールとしての価値が認められ、さまざまな企業が参加しており、合法的なRMT市場はさらに大きくなると予想される。

最近発表された日本のバーチャルワールドプロジェクトの特徴は、何でもできるような自由度が提供され、逆に何をすべきか分からなく作っているセカンドライフの欠点を、豊富なコンテンツ企画力をもとにユーザーにすることを提供することで、バーチャルワールドとゲームの長所を融合した形をとっており、架空のバーチャルワールドではなく、現実と同じ現実と連動する形のワールドを構築しようとしている。

バーチャルワールドと現実の同期は、バーチャルワールドでの企業のマーケティングが現実と直接連動することができるという点で、バーチャルワールドの仮想アイテムが現実と連動することができるということです。

銀行口座を介して仮想アイテムを購入したり、不動産を購入するのに使用することができ、バーチャルワールドで稼いだ仮想通貨を現実の銀行に入金することができるなど、その活用幅が大きく拡大する。

セカンドライフの商業的な成功は、上述の大国日本の企業をバーチャルワールドに飛び込むことにしている。

現実と連動を通じたマーケティングツールとして開発されているmeet-meは、Webブラウザベースのオープン型バーチャルワールドsplume、バーチャル金融の構築を目指すCyberMEGACITY-東京0区まで、確認されたプロジェクトが3つその他の未知のプロジェクトまでしたらいくつかのプロジェクトが進行中であることを把握するのは難しい。

細かく分析するのが好き日本企業の積極的な参加、今回は、金融グループの直接参加である。

2014年1月15日 (水)

年中最低値だ。

31日の東京株式市場で日経(日)の平均株価指数は開場と同時に墜落し始め、前日比325.20ポイント(3.55%)急落した8,824.06で取引を終えた。

全銘柄を対象としたトピックス(T0PIX)指数も24.54ポイント下がった804.67を記録した。

前日景気不安の懸念にニューヨーク証券市場が大幅に落ちたうえ、円の値が高騰し、投資家の投げ売りを呼んだ。

東京外国為替市場で円・ドル為替レートは、午後3時現在、前日よりドル当り0.94円急落(円急騰)した84.17円台で取引されている。

この日、東京の金融市場の不安は、米国ニューヨーク証券市場の下落が大きな影響を及ぼしたが、前日、政府と日銀が発表した円高や経済対策に対する失望感が大きく作用した。

野田(野田佳彦)財務相は、円が急騰し、株式市場が影響を受ける外国為替市場が一方的に集まっている。

必要な時は断固たる措置を取ると警告したが、円高に歯止めをかけられなかった。

専門家らは、日本の銀行が市場への資金供給規模を10兆円拡大し、政府が雇用振興の本を出したほどには市場の不安を解消することができないと破格的な対策が出なければならと注文した。

これらの専門家は、景気対策で政府が予備費の中に残っている9200億円を動員することにしたのは対策とすることができないほど規模が小さいと指摘した。

2014年1月14日 (火)

日本は新しい金融制度を発表するべきだ

日本は新しい金融制度を発表しなければならない。

日本政府の借金(国、地域、政府保証融資などの合計)は、実質的に国民の節約よりも多いため、日本政府は米国政府と同様に破産している。

しかし、米国と違い、日本は外国から借金をしていないので、日本人同士で話しあえ、問題を容易に解決することができる。

新しい金融システムを発表し、日本の国家債務をすべてなくなすことができる。

国民の節約もそのまま残すことができる。

金融とは基本的に空想である。

新しい金融システムを発表し、日本の国土、人間、生産設備、技術など現実に存在することは消えない。

新しい金融システムを介して国民にすべて知っている形で国は、気前良いことを沢山できるようになる。

新しいビジネスを始める企業も資金を容易に調達できるようになる。

とにかく今の金融システムは、国内外壊れている。

急いで、日本は、新しい金融システムの発表をしなければならない。

2014年1月12日 (日)

お金を借りることは世界共通の事実

もしあなたがお金を借りるとしたらば、いったいどこから借りようと考えるのか、銀行、信販会社、金融公庫、消費者金融と様々だ。

目的や個人の事情で借入先を決めることになるだろうが、そのことを真剣に普段考えたことがないのではないだろうか。

普通に考えてみればわかるであろう、そう、生活の中で借金をすること自体あまり考えることはない、だから考えてしまうのだ。

例えば消費者金融申し込み手順を知らないことはないであろうが、正確なものではないだろう。

このサイトをよく見れば簡単なことだが、借入をしようとしても思う通りの金額を貸し付けてもらえないことはよくあることなのだ。

しかし、しっかりした借入手順を踏むことでしっかりした返済にもつながる、だから調べることは重要なのだ。

P2P金融サービスは

しかし、忘れてはならない。制度圏の銀行を経ていない直接取引の方法とはいえ、これらのP2P金融サービスは、すべての可能性、都市銀行より金利がはるかに高い。資格があれば、制度圏の銀行サービスを借りるのが何百回もよいということだ。一言で言えば、そもそも銀行入り口さえ入ることができず、社債を書こうなんて負担な人々とのP2P金融は、社債よりも安価に直接お金を借りることができる隙間サービスとしての価値を持つ。

グローバルネットワークとは特性上、地域金融関係法との衝突を引き起こす恐れもある。国ごとに銀行法が異なるうえに、このようなオンライン直接取引方法の規定もないところも少なくない。サービスがアクティブになるほど、このような制度的装置用意ニーズも大きくなる見通しだ。

P2P金融サービスは、地球の必要なところに、余裕資金を配置することにより、国境を崩した社会的金融支援網を構築したという点で注目に値する。まだ結果はどうなるか分からない。e世界は今、集団金融実験中だ。

2014年1月10日 (金)

原則的に回収の保証を立たない

もちろん、リスクが存在する。良い意味で見知らぬ人にお金を貸すことまではいいが、やむを得ない事情でお金を返してもらえなくなると、そのまま投資家の損失につながるからである。

P2P融資仲介サイトは、原則的に回収の保証を立たない。

その代わりに彼らが受ける仲介手数料は平均0.2%未満である。ドイツのサービスであるスマートバーは、最近の回収保証制度を導入した代わりに仲介手数料を高めた。

韓国でも同様の方法を掲げたオンラインP2P融資サービスが2年前から登場した。マネーオークション、ワンクリックなどがそうだ。

これらは、金融機関の融資サービスを受けていない信用不良者の者や給電が必要な人々と、彼らにお金を貸してやろうという個人投資家をマッチメイキングしてくれる。

例えば、週に300万ウォンを急に使うべきなのに信用不良者の育っ銀行は利用できず、サグムユンを利用ジョニー38%を超える高金利が負担者がいるとしよう。P2P融資サービスは、このような人々がサグムユンよりも安い金利でお金を借りることができるプラットフォームを提供する。

2014年1月 9日 (木)

自発的に出た世界中の投資家が

自発的に出た世界中の投資家がこれらに殺人のレートよりも相対的に低い金利で少額を貸し、それなりの利益を取りまとめることになる。

このような理由で社会的金融サービスは、公益を追求するオンライン金融活動という側面のほか、新しいビジネスモデルで照明されている。これらのサービスは、個人間の直接取引を仲人接触もして、どのようなところは、オークション方式を導入した。例えば、お金が必要な人が希望金額を上げること→興味のある投資家はローン利率を提示して→ローン希望者は、このうち最も低い利率を提示した投資家にお金を借りるようです。年平均投資収益率は、約510%程度だ。

投資家同士の競争を誘導する利率を自然に低下させる効果があるが、平均利回りが制度圏金融機関より高いため、投資家としては気にする理由がない。クボラマネーのように韓国の系と同様のモデルをオンラインに適用したり、個人同士の為替レートを直接協議して両替するサービスを導入する方法の実験をしたところも登場した。

2014年1月 8日 (水)

金利は市中銀行よりも低いのではない

P2P融資サービスの場合、金利は市中銀行よりも低いのではない。

通常20%前後で非常には、30%を上回ることもある。

30%とすると、いわゆる社債を思い浮かべるかもしれません、これは別の観点からアプローチする必要がある。

低開発国ガーナ発展途上国低所得層の中には、最初から金融機関の境界すら立ち入ることができない人々がたくさんある。

たったの50ドルがあれば、経済的自立を夢を見ることのに、これビレッジず、低賃金重労働に苦しめられたり、高利貸しの殺人のレートに苦しむ人々が頻繁にあることだ。

P2P金融は、このような人々が期待できるオンライン金融制度だ。

2014年1月 7日 (火)

ミッドポイント&トランスファー(Midpoint&Transfer)

オンライン国際送金・両替サービス。利用者一人当り最大25万ポンド(約5億2000万ウォン)まで両替を要求することができる。

一度両替要求が入ってくると、それに合った両替要求を自動的にマッチングして接続してくれる。

両替に参加している人々には同じ両替手数料が適用される。

取引終了両替金額がそれぞれの利用者が所属する地域の銀行口座に入金されます。

通常、銀行は売買基準率を中心に1.52%の範囲で両替手数料を取りまとめる一方、ミッドポイントは、両替金額がいくらであれ、一度取引するたびに30ポンド(約6万2千ウォン)の手数料を一括請求するのが相違点です。

両替は、当事者同士で金額や対象通貨が一致しない場合両替が成立することができない。

このため、為替取引が期待ほど発生しない場合は、サービスを維持するのは難しい危険がある。

«アウォーム・オブ・エンジェルス(ASwarmofAngels)